FC2ブログ

Entries

つばめの会話(動物編)

最近は子供達の成長もあり事務所の入り口の“つばめの家族”がいつもチュビチュビチュビチュルルルルと楽しく会話をしています。どんな会話をしているんでしょうかね(^^

人間界も色々と不安定で気の抜けない社会ですが、きっと動物界でも同じような事柄はあり、それらをうまく潜りぬけてバランスをとって生きているのでしょう。お互いに頑張りましょう。

『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋
日本には夏鳥として春先に飛来する。4~7月ごろに3~7個の卵を産卵する。主にメスが抱卵し、13~17日でヒナが生まれる。巣立ちまでは20~24日、その間、親鳥はヒナに餌を運びつづける。1回目の繁殖を済ませたつがいの内、その半数以上がヒナが巣立っておよそ2週間後に同じ巣を使って2回目の繁殖をする。この2回目の繁殖のヒナを2番子という。巣立ちを終えたヒナと親鳥は河川敷やため池のヨシ原などに集まり、数千羽から数万羽の集団ねぐらを形成する。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
鳴管が発達しており、繁殖期になるとオスは『チュビチュビチュビチュルルルル』と比較的大きなさえずり声で鳴く。さえずりは日中よりも早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。
日本においては、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、農村部を中心に大切に扱われてきた。江戸時代にはツバメの糞は雑草の駆除に役立つと考えられていた。
また、先に述べた人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。




応援クリックにご協力ください(^^)
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ



-横須賀市森崎-
つがい日記(管理人)
http://www.tugai.com
        
□■□■sunflower/サンフラワー/さんふらわぁ/sunflower/サンフラワー/さんふらわぁ/sunflower/サンフラワー/さんふらわぁ/sunflower/サンフラワー/さんふらわぁ/□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://n400.blog119.fc2.com/tb.php/93-0bf6bc7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

N400

Author:N400
つがい日記へようこそ!
みなさまに少しでもお役に立てる情報を提供します。
日々のつがいの活動や福祉制度、医療情報、および健康管理についてお伝えします。

事業所概要
”さんふらわぁ”は高齢者および障害者福祉サービス事業所です。
横須賀市でケアプラン作成・デイサービス・訪問介護・障がい者自立支援等お探しの方はお問い合わせください。         電話 046-839-2115

つがい日記 管理人

(近日中、ホームページリニューアル)

Twitterでつぶやき・・・

ブログ内検索

FC2カウンター

ベストセラー

お買い得商品

サーチ

広告